退院サマリチェックロボット

概要

未作成・未承認の退院サマリの患者リストをCSV形式で抽出する。
※退院日の決定や退院のイベントをトリガーに、退院サマリの作成オーダが自動発行される環境を想定

▼目的
下記の対策として未作成・未承認の退院サマリを定期的に自動チェックする。
(退院サマリ作成率を退院翌日から14日以内に90%、30日以内に100%とする)
・診療録管理体制加算1の施設基準を満たし入院単価を増加する
・病院機能評価のケアプロセス調査

ログイン

会員登録がまだの方はこちら

ログイン・会員登録して続きを読む