CT/MRI画像レポート未読チェックロボット

概要

電子カルテ、放射線部門システムへアクセスし、CT/MRIの画像レポートの既読状況をチェックします。
チェック結果は必要に応じて、主治医や主科へのメール送信を行います。

▼目的
画像診断結果のレポート未読による医療過誤を防ぎます。
未読レポートを洗い出す、担当医への連絡するといった、一連の業務の負荷を軽減します。
(電子カルテや放射線部門システムへの機能追加・改修を行うことなく、フロー構築できる可能性があります)

ログイン

会員登録がまだの方はこちら

ログイン・会員登録して続きを読む