• TOP
  • ニュース
  • 2021年度中に医療機関で「医師労働時間短縮計画」を作成、2022年度から審査―医師働き方改革推進検討会(2)

2021年度中に医療機関で「医師労働時間短縮計画」を作成、2022年度から審査―医師働き方改革推進検討会(2)

ログイン

会員登録がまだの方はこちら

1860時間までの年間時間外労働が可能となる、いわゆる「B・C水準」を目指す医療機関はもちろん、1人でも「年間時間外労働が960時間を超える勤務医」がいる医療機関では「医師労働時間短縮計画」を策定しなければならない。2024年4月からの新たな時間外労働上限規制スタートを考慮すると、2021年度中の計画策定が求められ、各医療機関で今から十分に準備しておく必要がある―。 9月2日に開催された「医師の働き方改革の推進に関する検討会」(以下、今検討会)でこういった方向も概ね固められました。

続きを読む(出典元のサイトへ移動します)

おすすめの記事

【参加無料】医療機関・大学におけるRPA事例発表会セミナー

【参加無料】医療機関・大学におけるRPA事例発表会セミナー

【Webセミナーのご案内】医療機関におけるRPA最前線~導入が進む医療機関の実例に見るRPA利活用と課題、展望~

【Webセミナーのご案内】医療機関におけるRPA最前線~導入が進む医療…

業務自動化カンファレンス(名古屋会場)にて一般社団法人メディカルRPA協会の講演機会をいただきました。

業務自動化カンファレンス(名古屋会場)にて一般社団法人メディカルRPA…

業務自動化カンファレンス(東京会場)にて一般社団法人メディカルRPA協会の講演機会をいただきました。

業務自動化カンファレンス(東京会場)にて一般社団法人メディカルRPA協…

第5回四国医療情報技師会 勉強会にて一般社団法人メディカルRPA協会の講演機会をいただきました。

第5回四国医療情報技師会 勉強会にて一般社団法人メディカルRPA協会の…

RPA DIGITAL WORLD 広島 2020にて一般社団法人メディカルRPA協会の講演機会をいただきました。

RPA DIGITAL WORLD 広島 2020にて一般社団法人メディカルRPA協会の講…

業務自動化カンファレンス(大阪会場)にて一般社団法人メディカルRPA協会の講演機会をいただきました。

業務自動化カンファレンス(大阪会場)にて一般社団法人メディカルRPA協…

高齢者住宅新聞/2020年1月1・8日特大号に記事を掲載していただきました

高齢者住宅新聞/2020年1月1・8日特大号に記事を掲載していただきました