• TOP
  • ニュース
  • 2021年度中に医療機関で「医師労働時間短縮計画」を作成、2022年度から審査―医師働き方改革推進検討会(2)

2021年度中に医療機関で「医師労働時間短縮計画」を作成、2022年度から審査―医師働き方改革推進検討会(2)

ログイン

会員登録がまだの方はこちら

1860時間までの年間時間外労働が可能となる、いわゆる「B・C水準」を目指す医療機関はもちろん、1人でも「年間時間外労働が960時間を超える勤務医」がいる医療機関では「医師労働時間短縮計画」を策定しなければならない。2024年4月からの新たな時間外労働上限規制スタートを考慮すると、2021年度中の計画策定が求められ、各医療機関で今から十分に準備しておく必要がある―。 9月2日に開催された「医師の働き方改革の推進に関する検討会」(以下、今検討会)でこういった方向も概ね固められました。

続きを読む(出典元のサイトへ移動します)

おすすめの記事

「医療×RPA・電子カルテ操作セミナー~富士通編~」セミナーの内容を公開いたします

「医療×RPA・電子カルテ操作セミナー~富士通編~」セミナーの内容を…

【参加無料】医療×RPA・電子カルテ操作セミナー~富士通編~

【参加無料】医療×RPA・電子カルテ操作セミナー~富士通編~

「医療×RPA特別セミナー」の内容を公開いたします

「医療×RPA特別セミナー」の内容を公開いたします

医療業界におけるRPA活用の実績について検証 570床の病院内で、診療ネットワーク環境へのRPA導入により年間約2,453時間の業務時間削減 368万円の費用対効果により、さらなる導入&効果拡大へ期待

医療業界におけるRPA活用の実績について検証 570床の病院内で、診療…

7月27日に実施したWebセミナー「RPAインターンプログラム説明会」の内容を公開します

7月27日に実施したWebセミナー「RPAインターンプログラム説明会」の内…

Webセミナー「医療機関・大学におけるRPA事例発表会」の内容を公開いたします

Webセミナー「医療機関・大学におけるRPA事例発表会」の内容を公開い…

【医療機関限定】RPA実証実験パッケージ【RPAインターンプログラム】のご案内

【医療機関限定】RPA実証実験パッケージ【RPAインターンプログラム】…

【参加無料】医療機関・大学におけるRPA事例発表会セミナー

【参加無料】医療機関・大学におけるRPA事例発表会セミナー