ログイン

  • TOP
  • ニュース
  • 2021年度中に医療機関で「医師労働時間短縮計画」を作成、2022年度から審査―医師働き方改革推進検討会(2)

2021年度中に医療機関で「医師労働時間短縮計画」を作成、2022年度から審査―医師働き方改革推進検討会(2)

ログイン

会員登録がまだの方はこちら

1860時間までの年間時間外労働が可能となる、いわゆる「B・C水準」を目指す医療機関はもちろん、1人でも「年間時間外労働が960時間を超える勤務医」がいる医療機関では「医師労働時間短縮計画」を策定しなければならない。2024年4月からの新たな時間外労働上限規制スタートを考慮すると、2021年度中の計画策定が求められ、各医療機関で今から十分に準備しておく必要がある―。 9月2日に開催された「医師の働き方改革の推進に関する検討会」(以下、今検討会)でこういった方向も概ね固められました。

続きを読む

おすすめの記事

国立大学病院長会議にて一般社団法人メディカルRPA協会の講演機会をいただきました。

国立大学病院長会議にて一般社団法人メディカルRPA協会の講演機会をい…

医療の質と安全のさらなる向上を目指してRPA活用で医療機関が連携へ  ──「一般社団法人メディカルRPA協会」発足に伴い共同記者会見を実施

医療の質と安全のさらなる向上を目指してRPA活用で医療機関が連携へ …

医療・看護・介護業界におけるRPAの普及、啓発を推進し、医療従事者の働き方改革へ貢献 医療機関等における労働生産性向上・コスト削減・収益向上及び医療安全を目指す 「一般社団法人メディカルRPA協会」 2019年9月6日(金)発足

医療・看護・介護業界におけるRPAの普及、啓発を推進し、医療従事者の…

医療の質と安全の向上を目指し、国内初!RPAツール「BizRobo!」を 医療従事者向けロボットとして運用開始 ~東京歯科大学市川総合病院がRPAテクノロジーズ社「BizRobo!」を導入~

医療の質と安全の向上を目指し、国内初!RPAツール「BizRobo!」を 医…

「医師の偏在対策と働き方改革は地域医療構想との三位一体で進めていく」

「医師の偏在対策と働き方改革は地域医療構想との三位一体で進めてい…

「主治医制からチーム制へ」働き方改革を一層推進、旭川日赤

「主治医制からチーム制へ」働き方改革を一層推進、旭川日赤

中外製薬、会議の調整を自動化するクラウドサービスを全社採用、年間2万時間を削減へ

中外製薬、会議の調整を自動化するクラウドサービスを全社採用、年間2…

慈恵大学がRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用し、 『医療事務の効率化による医師の働き方改革』×『医療の質の向上』の 実現に向けた共同研究を実施 ~RPAテクノロジーズ社「BizRobo!」をベースとした共同研究~

慈恵大学がRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用し…