ログイン

  • TOP
  • ニュース
  • 医薬品研究をRPA化、産総研がAIで医療を変える

医薬品研究をRPA化、産総研がAIで医療を変える

ログイン

会員登録がまだの方はこちら

人工知能(AI)やビッグデータ解析、センシングといったIT、電子技術の進化はとどまるところを知らず、様々な分野において、従来は“無理”と考えられてきたことが実現可能になってきた。この変革の波は人間の命を預かる医療/ヘルスケアの分野に及び、変革を推し進めようとする企業や研究機関の動きが活発化している。日本を代表する研究機関である産業技術総合研究所(産総研)も例外ではない。産総研は、健康で安心・安全な生活を実現する「ライフ・テクノロジー」を研究の1つの柱に据え、中長期視野で研究してきた技術を積極的に社会実装させようとしている。 本コラムでは産総研が研究開発し、これまで不可能と考えられてきたことを実 […]

続きを読む

おすすめの記事

国立大学病院長会議にて一般社団法人メディカルRPA協会の講演機会をいただきました。

国立大学病院長会議にて一般社団法人メディカルRPA協会の講演機会をい…

医療の質と安全のさらなる向上を目指してRPA活用で医療機関が連携へ  ──「一般社団法人メディカルRPA協会」発足に伴い共同記者会見を実施

医療の質と安全のさらなる向上を目指してRPA活用で医療機関が連携へ …

医療・看護・介護業界におけるRPAの普及、啓発を推進し、医療従事者の働き方改革へ貢献 医療機関等における労働生産性向上・コスト削減・収益向上及び医療安全を目指す 「一般社団法人メディカルRPA協会」 2019年9月6日(金)発足

医療・看護・介護業界におけるRPAの普及、啓発を推進し、医療従事者の…

医療の質と安全の向上を目指し、国内初!RPAツール「BizRobo!」を 医療従事者向けロボットとして運用開始 ~東京歯科大学市川総合病院がRPAテクノロジーズ社「BizRobo!」を導入~

医療の質と安全の向上を目指し、国内初!RPAツール「BizRobo!」を 医…

2021年度中に医療機関で「医師労働時間短縮計画」を作成、2022年度から審査―医師働き方改革推進検討会(2)

2021年度中に医療機関で「医師労働時間短縮計画」を作成、2022年度か…

「医師の偏在対策と働き方改革は地域医療構想との三位一体で進めていく」

「医師の偏在対策と働き方改革は地域医療構想との三位一体で進めてい…

「主治医制からチーム制へ」働き方改革を一層推進、旭川日赤

「主治医制からチーム制へ」働き方改革を一層推進、旭川日赤

中外製薬、会議の調整を自動化するクラウドサービスを全社採用、年間2万時間を削減へ

中外製薬、会議の調整を自動化するクラウドサービスを全社採用、年間2…